UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56979

タイトル: 韓国に帰還した海外養子たちのアイデンティティの模索と課題 : その内面葛藤と社会・歴史的な意識の交錯という点からのアプローチ
その他のタイトル: The search for identity by South Korean overseas adoptees returning to their birth country : Focusing on the relationship between internal conflicts and the social and historical background
著者: 坂井, 菜央美
著者(別言語): Sakai, Naomi
発行日: 2014年3月28日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 53巻, 2014.3, pp. 113-122
抄録: This research is a case study that examines the identity problems of adult South Korean overseas adoptees who have returned to their birth country. Interviews with five overseas adoptees were carried out, taking as a framework two aspects of the identity theory of E. H . Ericsson: 1) the mutual regulation between the historical perspective and the social and cultural background, and 2) the incorporation of the “perspective of others” into the “point of view of the self” of the subject. It can be concluded that contact with South Koreans, the experience of staying in South Korea, and reunion with their birth mothers prompted integration of these two perspectives among the overseas adoptees, and led to a transformation in identity and the search for a new way of life.
URI: http://hdl.handle.net/2261/56979
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_53_10.pdf651.73 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください