UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/57044

タイトル: 教育委員会制度改革に対する教育長の評価の実証分析
その他のタイトル: Empirical Research for the Evaluation of Superintendents on the Reforms on Education Board System
著者: 本田, 哲也
著者(別言語): Honda, Tetsuya
発行日: 2015年3月31日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 54巻, 2015.3, pp. 513-522
抄録: The purpose of this study is to analyze how superintendents evaluate the reforms of the system of board of education in Japan. Based on the result of questionnaires for superintendents and using statistical analysis, this study clarifies what are the factors for them to evaluate the reforms on education board system.  The following is the finding of this research. Superintendents have evaluated the reforms on education board system by their political factors, scales of their municipalities, and own careers.  This finding implies that today’s reforms of the system of board of education should be evaluated by taking into account not only superintendents’ own careers but also political factors and scales of their municipalities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/57044
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_54_46.pdf985.74 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください