UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/57045

タイトル: キャリア教育の胎動期における文部行政と労働行政の連携 : 場としての「総合的な学習の時間」に着目して
その他のタイトル: Co-operation between Educational Administration and Labor Administration at the Movement of a Fetus of Career Education in Japan : Focusing on ‘the Period of Integrated Study’ as a Stage of Co-operation
著者: 村上, 純一
著者(別言語): Murakami, Junichi
発行日: 2015年3月31日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 54巻, 2015.3, pp. 523-530
抄録: Nowadays, ‘career education’ is widely implemented in schools in Japan. The purpose of career education is fostering children's basic skills and knowledge of work, and one of the characteristics of career education is the ministerial co-operation in the process of policy making.  The beginning of such co-operation is the one between educational administration and labor administration at the end of 1990s, and by virtue of the introduction of the Period of Integrated Study, such co-operation has occurred. This paper shows the detail of the co-operation, by focusing on the characteristics of the Period of Integrated Study that enabled labor administration to cooperate with educational administration.
URI: http://hdl.handle.net/2261/57045
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_54_47.pdf1.16 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください