UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5715

タイトル: 江淹「遂古篇」について : 郭璞『山海経』注との関わりを中心に
その他のタイトル: 關於江淹「遂古篇」的考察 : 以與郭璞《山海經》注之關係爲中心
著者: 松浦, 史子
発行日: 2007年3月23日
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第151冊, 2007.3, pp. 97-147
抄録: 在與《山海經》有關的六朝文學作品中,例来以郭璞《山海經圖贊》和陶淵明《讀山海經》著称。但高橋和己氏指出:六朝末期的詩人江淹在遊仙詩方面繼承了郭璞。筆者還注意到:在《南史》〈江淹傳〉末有記載說,江淹為了補《山海經》之缺,「嘗欲為《赤縣經》以補《山海》之缺,竟不成。」這一記錄在迄今為止的《山海經》研究中幾乎沒有受到重視。如今以《赤縣經》為名的書藉已無存世,然而《江文通集彙注》之作者明代的胡之驥,把江淹的<遂古篇>即看作是《赤縣經》。本文以江淹<遂古篇>為中心,對迄今被人們所忽視的「江淹與《山海經》的內在關係」進行考察,其結果表明,郭璞《山海經》注曾利用史書中的邊疆志和汲冢書中的記載,試證明《山海經》奇異世界的真實性,而江淹的<遂古篇>正是繼承了前者的“實證性注釋精神",同時又以郭璞所未引用的最新的邊疆志為資料對《山海經》做了擴充,可以説是志愿撰述具有學術意義的著作。另外,江淹的後半生對新傳入的佛教十分熱衷,相比之下,郭璞《山海經》的注釋全無對佛教世界的關心。筆者認為這些可能是促使江淹對《山海經》世界重新探討的主要原因。
URI: http://hdl.handle.net/2261/5715
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc151003.pdf530.28 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください