UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5732

タイトル: Fracture surface energy of natural earthquakes from the viewpoint of seismic observations
その他のタイトル: 地震波観測の視点からみた地震の破壊表面エネルギー : 特集「地震発生の物理からみた地震発生帯堀削」
著者: Ide, Satoshi
著者(別言語): 井出, 哲
キーワード: fracture surface energy
Gc
earthquake scaling
energy budget
発行日: 2003年
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 地震研究所彙報. 第78号第1冊, 2003, pp. 59-65
抄録: Fracture surface energy, Gc, is one of the fundamental parameters that governs earthquake rupture propagation and seismic energy radiation.Unlike other parameters of friction, it is relatively easily estimated using seismic observations.In this paper we consider two aspects of Gc, 1) the implications of the minimum Gc for the scaling of seismic energy, and 2) spatial distribution of Gc calculated from kinematic source models.Analyses of Gc based on seismic observations are important when comparing in-situ and laboratory observations of fault materials, which will be obtained in the Nankai-drilling project.
URI: http://hdl.handle.net/2261/5732
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IHO78104.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください