UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5735

タイトル: Permeability measurements and precipitation sealing of basalt in an ancient exhumed subduction-zone fault
その他のタイトル: 過去の沈み込み帯の震源断層岩を用いた透水率測定 : 特集「地震発生の物理からみた地震発生帯堀削」
著者: Kato, Aitaro
Sakaguchi, Arito
Yoshida, Shingo
Mochizuki, Hiromine
Kaneda, Yoshiyuki
著者(別言語): 加藤, 愛太郎
坂口, 有人
吉田, 真吾
望月, 裕峰
金田, 義行
キーワード: permeability
sealing
basalt
seismogenic environment
ancient fault zone
発行日: 2003年
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 地震研究所彙報. 第78号第1冊, 2003, pp. 83-90
抄録: We conducted permeability measurements of basalt sampled from an exhumed ancient fault zone in the Cretaceous Shimanto accretionary complex in Japan, in order to investigate permeability structure and evolution following shear failure. Permeability showed a strong reduction with increase in the effective confining pressure and temperature. Rapid sealing at elevated temperatures was observed during hold experiments following shear failure. The results indicate that the permeability of a subduction megathrust fault would rapidly decrease due to the precipitation of clay-like minerals and other minerals, and indicates the potential for high fluid pressure in fault zones.
URI: http://hdl.handle.net/2261/5735
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IHO78107.pdf2.11 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください