UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/575

タイトル: 現代イギリス教育行政制度をめぐる諸問題 : 危機にたつパートナーシップ
その他のタイトル: The Recent Problems of the Modern English Educational Administration System : Partnership at Risk
著者: 大田, 直子
著者(別言語): Ohta, Naoko
発行日: 1989年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 28巻, 1989.3, p.363-375
抄録: This article deals with the contemporary reform of English Education System. As a result of last general election in 1987,the Conservatives won for the third times continuously since 1979 and got the great majority. Immediately after that, Thatcher government informed to introduce the Great Education Reform Bill and it became the Education Reform Act of 1988. However, this Act is the only one part of the reform that the Conservatives have been trying to achieve. In order to make clear the real purposes and directions of the Conservatives educational reform, we must know not only policies of education but of other fields, especially, public finance, which have been developed under Thatcher government since 1979.
URI: http://hdl.handle.net/2261/575
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126171.pdf993.8 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください