UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/576

タイトル: 教育令(明治 12 年)期の学務委員制度に関する研究
その他のタイトル: The Study on "gakumuiin" under Education Order (1879-1880)
著者: 谷, 雅泰
著者(別言語): Tani, Masayasu
発行日: 1989年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 28巻, 1989.3, p.377-386
抄録: Gakumuiin (educational committmen) in prewar Japan was a guarantee for the centralized administration. In the early years of the Meiji era, gakumuiin was initially prescribed in Kyoiku-rei (Education Order) of 1879. And gakumuiin in the short period to 1880,when Kaisei-Kyoikurei (revised Education Order) was made, was different from later ones in that the former were elected by popular votes and so on. However, it is often said that people did not accept that system. On the contrary, I think that they did, and in this paper I deal with this point.
URI: http://hdl.handle.net/2261/576
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126172.pdf915.69 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください