UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5760

タイトル: Seismic Behavior of Local Soil and Foundations in Bam City During the 2003 Bam Earthquake in Iran
その他のタイトル: 2003年バム地震におけるバム市内の地盤と基礎構造の挙動
著者: Towhata, Ikuo
Abbas, Ghalandarzadeh
Habib, Shahnazari
Masoud, Mohajeri
Ali, Shafiee
著者(別言語): 東畑, 郁生
アッバス, ガランダルザデ
ハビブ, シャナザリ
マスード, モハジェリ
アリ, シャフィ
キーワード: site investigation
sounding
masonry
earthquake
発行日: 2004年
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 地震研究所彙報. 第79号第3/4冊, 2004, pp. 69-80
抄録: Following the devastating earthquake disaster in Bam city, Iran, a reconnaissance team was sent to the site. The authors participated in its activities with special emphasis on geotechnical issues. A soil investigation in the city revealed that local soils have su$ciently good properties and cannot be the main source of heavy damage to houses. Because bridges and structures other than buildings experienced minor damage during the same earthquake, it seems that the structural weakness of houses made of masonry and adobe is a major problem. A possible mitigating measure may be to use light materials such as ESP, although consideration has to be given to the local climate and the landscape.
URI: http://hdl.handle.net/2261/5760
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IHO79305.pdf3.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください