UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5761

タイトル: Building Damage and Seismic Intensity in Bam City from the2003 Bam, Iran, Earthquake
その他のタイトル: 2003年イラン・バム地震によるバム市の建物被害と震度分布
著者: Hisada, Yoshiaki
Shibaya, Akihiro
M. Reza Ghayamghamian
著者(別言語): 久田, 嘉章
柴山, 明寛
モハムド, レザ ガーエムマカミヤン
キーワード: 2003 Bam earthquake
earthquake damage
seismic intensity
European Macroseismic Scale 1998 (EMS98)
発行日: 2004年
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 地震研究所彙報. 第79号第3/4冊, 2004, pp. 81-93
抄録: An investigation is carried out on earthquake damage to 839 buildings in and around Bam City, and seismic intensities, using European Macroseismic Scale 1998 (EMS98), are estimated. The northern and eastern sides of Bam City show higher damage rates (more than 80%), than the southern and western sides (20% less). Combining the results and the vulnerability classes of various building types, the estimated MSK intensities are higher (up to XI) at the northern and eastern sides, and lower (down to VIII) at the south and west sides.
URI: http://hdl.handle.net/2261/5761
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IHO79306.pdf5.9 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください