UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5768

タイトル: 2004年新潟県中越地震・地震断層出現域の浅層反射法地震探査 : データ取得と処理について
その他のタイトル: High-resolution seismic reflection profiling across the surface rupture associated with the 2004 Mid-Niigata Prefecture earthquake, central Japan : data acquisition and processing
著者: 佐藤, 比呂志
加藤, 直子
越後, 智雄
荻野, スミ子
立石, 雅昭
戸田, 茂
加藤, 一
越谷, 信
豊島, 剛志
伊藤, 谷生
今泉, 俊文
阿部, 信太郎
鈴木, 規眞
三沢, 永一
小田, 晋
楮原, 京子
小池, 太郎
赤井, 智
野田, 克也
著者(別言語): Sato, Hiroshi
Kato, Naoko
Echigo, Tomoo
Ogino, Sumiko
Tateishi, Masaaki
Toda, Shigeru
Kato, Hajime
Koshiya, Shin
Toyoshima, Tsuyoshi
Ito, Tanio
Imaizumi, Toshifumi
Abe, Shintaro
Suzuki, Norimasa
Misawa, Eiichi
Oda, Shin
Kagohara, Kyoko
Koike, Taro
Akai, Satoshi
Noda, Katsuya
キーワード: 2004 Mid-Niigata Prefecture earthquake
surface rupture
subsurface structure
seismic reflection profiling
active fault-and-fold
central Japan
発行日: 2005年
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 地震研究所彙報. 第80号第1冊, 2005, pp. 1-10
抄録: The 200.4 Mid-Niigata Prefecture earthquake (Mj 6.8) generated surface ruptures along the eastern rim of the Uonuma hills. To reveal the relationship between a seismogenic source fault and surface ruptures, shallow, high-resolution seismic reflection profiling was undertaken across the surface ruptures and the active faults. The seismic source was a mini-vibrator and seismic data were recorded by a digital telemetry system. The source and receiver interval was 10 m4 The seismic data were processed using conventional CMP seismic reflection methods. The resultant depth-converted seismic section portrays an emergent thrust beneath the surface rupture associated with the Mid-Niigata Prefecture earthquake.
URI: http://hdl.handle.net/2261/5768
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IHO80101.pdf9.79 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください