UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/581

タイトル: 戦後「学力」低下問題における教育意識の構造
その他のタイトル: The Structure of Educational Cosciousness in the Postwar Japan
著者: 山崎, 鎮親
著者(別言語): Yamazaki, Yasuchika
発行日: 1990年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 29巻, 1990.3, p.189-198
抄録: The educational problem as social problem-the decline of children's scholastic achievement-occured about 1950 in the postwar Japan. The origin of the affair was some parents' demands for higher educational standards. Especially, the new middle class parents stood at the center position of this affair. In this paper, the problem around this affair is analized from two points of view : 1) the major tendency of social consiousness in the postwar period, and the emancipation of private desire; 2) the position of GAKURYOKU in educational community. The former is the discontent of the new middle class parents with the scholastic acheivment or educational standerds, and the latter is GAKURYOKU as the mediation between education and society.
URI: http://hdl.handle.net/2261/581
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126138.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください