UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/585

タイトル: 歴史記述における行為文の論理と歴史教材構成
その他のタイトル: The Logic of Action Sentences in Historical Descriptions and Curriculum Development in the Teaching of History
著者: 江間, 史明
著者(別言語): Ema, Fumiaki
発行日: 1990年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 29巻, 1990.3, p.267-276
抄録: In the curriculum development in the teaching of history, the method of sympathy by which teachers try to make the students get sympathized with the past agents, is often used. However, the logical structure of this method has not been theoretically clarified enough. The purpose of this study is to clarify what part the past agent's intentions and beliefs play in the reconstruction of the historical events. In this study, the Logic of Action Sentences in historical descriptions, maintained by A. Danto and F. Olafson, is analyzed. The interaction of prospective perspective and retroactive perspective is discussed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/585
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126142.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください