UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
92 死生学・応用倫理センター >
死生学・応用倫理研究 = Journal of Death and Life Studies and Practical Ethics >

ブラウズ "死生学・応用倫理研究 = Journal of Death and Life Studies and Practical Ethics": タイトル

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 1 - 20 / 45
 次ページ >
発行日タイトル著者
2013年3月15日サバイバー・ギルト(生存者罪責間)再考 : 哲学的解釈による一試論福間, 聡; Fukuma, Satoshi
2015年3月15日シンポジウムでの発表要旨島薗, 進; 加藤, 尚武
2013年3月15日〔ドイツ人から見た〕日本における「インフォームドコンセント」 : 文化比較を超えてシュタイネック, ラジ・クリスティアン; 小椋, 宗一郎; 松田, 純
2014年3月15日フォークロアにおける死生の「物語り」 : 『遠野物語』第九九話をめぐって長谷川, 徹; Hasegawa, Toru
2015年3月15日フクシマの災害と災禍に対する社会の反応ブッシイ, アンヌ; 藤原, 理人
2014年3月15日ペーター・ハントケの作品における死と生をめぐる「文学的取り組み」について : 『満ち足りた不幸』及び『左利きの女』を中心に前田, 佳一; Maeda, Keiichi
2014年3月15日異職種間コミュニケーション関連医療事故の原因に関わる倫理的問題奥津, 康祐; Okutsu, Kosuke
2015年3月15日科学・社会・倫理を関連づけて捉えること : 加藤尚武氏 「臨床と予防 : 放射線障害の認識論」に応答する島薗, 進
2013年3月15日[巻頭言]現在を知り、過去に学び、未来を考える : 『死生学・応用倫理研究』継続刊行に寄せて池澤, 優
2016年3月15日韓国における生死学研究の現況と課題裵, 寛紋
2014年3月15日韓国における選択的中絶をめぐる議論金, 律里; Kim, Yuli
2017年6月30日経済優先から〈いのち〉の連帯へ : 原発事故を契機として堀江, 宗正
2013年3月15日古代インドにおける死生観の一考察 : ヴェーダ潔斎儀礼の中の「死」と「再生」大島, 智靖; Ōshima, Chisei
2017年6月30日構造災 : 科学社会学からのメッセージ松本, 三和夫
2017年6月30日甲陽軍鑑における武田武士の死の位置づけにみえる安全・危機管理思想奥津, 康祐; Okutsu, Kosuke
2015年3月15日国際シンポジウム「災害が遺したもの―語りつぐ記憶と備える文化」 趣旨説明池澤, 優
2014年3月15日最近の心理学理論における宗教と死 : 意味管理理論ムスリン, イーリャ; Musulin, Ilja
2015年3月15日災害の記憶を伝える文化装置 : 保立道久氏、グレゴリー ボサール氏へのコメント島薗, 進
2017年6月30日災害を受け止める伝承知 : インドネシアの事例から木村, 敏明
2016年3月15日死にゆくこと、東と西とトニー, ウォルター; 堀江, 宗正; 廣田, 佳典
検索結果表示: 1 - 20 / 45
 次ページ >

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください