UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/589

タイトル: 認識変容としての成人の学習 : J. Mezirow の学習論の検討
その他のタイトル: Adults' Learning as Epistemic Change : Review and Analysis of J. Mezirow's Theory
著者: 永井, 健夫
著者(別言語): Nagai, Katsuo
発行日: 1990年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 29巻, 1990.3, p.331-339
抄録: This paper tries to explore more useful and authentic learning theory, through understanding and review of 'Transformation Theory' by Jack Mezirow. Criticizing that adult education has paid too much stress on instrumental learning for a long time, Mezirow suggests "learning about meaning perspective" as essential to adults' learning. Meaning perspective is the psychological structure through which we interpret our experiences and synthesize them into the stock of experiences. Transforming our meaning perspective into more authentic one is neccesary in the process toward our personal maturity. Mezirow's theory of perspective transformation is very suggestive, in the sense that it clarifies the importance of the way we give meaning to our experiences.
URI: http://hdl.handle.net/2261/589
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126146.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください