UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
117 経済学研究科・経済学部 >
10 経済理論専攻 >
Working Paper Series / UTokyo Price Project >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/58905

タイトル: Conservatism and Liquidity Traps
著者: Nakata, Taisuke
Schmidt, Sebastian
キーワード: Deflationary Bias
Inflation Conservatism
Inflation Targeting
Liquidity Traps
Zero Lower Bound
発行日: 2015年11月
出版者: UTokyo Price Project
掲載誌情報: JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research (S) Understanding Persistent Deflation in Japan Working Paper Series. No.077, 2015.11
関連URI: http://www.price.e.u-tokyo.ac.jp/researchdata/
抄録: In an economy with an occasionally binding zero lower bound (ZLB) constraint, the anticipation of future ZLB episodes creates a tradeoff for discretionary central banks between inflation and output stabilization. As a consequence, inflation systematically falls below target even when the policy rate is above zero. Appointing Rogoff's (1985) conservative central banker mitigates this deflationary bias away from the ZLB and enhances welfare by improving allocations both at and away from the ZLB.
内容記述: 2012~2016年度科学研究費補助金[基盤研究(S)]「長期デフレの解明」(研究代表者 東京大学経済学研究科・渡辺努, 課題番号:24223003)
URI: http://hdl.handle.net/2261/58905
出現カテゴリ:063 ワーキングペーパー
Working Paper Series / UTokyo Price Project

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
wp077.pdf528.19 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください