UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
60 現代文芸論 >
れにくさ >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/59244

タイトル: 「クジラ構文」はなぜ英語話者にとって自然に響くのか
その他のタイトル: Why does the no more construction sound natural to native speakers of English?
著者: 平沢, 慎也
著者(別言語): HIRASAWA, Shinya
発行日: 2014年3月10日
出版者: 現代文芸論研究室
掲載誌情報: れにくさ. 第5-3号, 2014.03.10, pp. 199-216
内容記述: 特集 北アメリカの文学
柴田元幸教授退官記念号
論文
URI: http://hdl.handle.net/2261/59244
ISSN: 21870535
出現カテゴリ:れにくさ
れにくさ

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
reny005312.pdf2.27 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください