UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/595

タイトル: 戦前戦中期日本における「平和と教育」の思想 : 河井道の思想形成に即して
その他のタイトル: Thoughts of 'Peace and Education' in Prewar Japan : The Formation of the Thoughts of Michi Kawai
著者: 竹内, 久顕
著者(別言語): Takeuchi, Hisaaki
発行日: 1991年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 30巻, 1991.3, p.43-52
抄録: It is often said that 'peace education' in Japan started after World War II. As an example of prewar 'peace education', I examined the thoughts and the educational practice of Michi Kawai (1877-1953), who established the Christian school, 'Keisen Girl's School' in 1929. She thought that there would be no more war if misunderstandings and prejudice could be removed by Christian faith and an appreciation of others. Her type of education can be called 'education for peace through international understanding based on Christian faith'. In this paper, I attempted to consider the process of the formation of her thoughts, as well as her, thoughts and practice of 'peace and education'.
URI: http://hdl.handle.net/2261/595
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000125996.pdf1.13 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください