UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
38 ドイツ語ドイツ文学 >
1143810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/59538

タイトル: 埋められた希望 : シュテファン・ツヴァイクのユダヤ伝説における故郷喪失とシオニズム
その他のタイトル: Die begrabene Hoffnung : Heimatverlust und Zionismus bei der jüdischen Legende Stefan Zweigs
著者: 杉山, 有紀子
著者(別言語): Sugiyama, Yukiko
キーワード: シュテファン・ツヴァイク
亡命文学
ディアスポラ
ユダヤ
故郷喪失
ナショナリズム
シオニズム
発行日: 2015年9月1日
出版者: 東京大学大学院ドイツ語ドイツ文学研究会
掲載誌情報: 『詩・言語』. 第81号, 2015年9月, pp. 193-212
抄録: シュテファン・ツヴァイクの小説『埋められた燭台』(1937)は亡命下で書かれたユダヤ伝説である。史実ではローマからコンスタンティノープルに運ばれた後消滅したユダヤ教の聖なる燭台が、ツヴァイクの物語では老人ベンヤミンによって地に埋められ(begraben)救い出される。著者自身の体験を踏まえてユダヤ人の故郷喪失が主題化されていることは疑いないが、燭台の救済のプロセスはシオニズム的理想、すなわち地上的な「故郷」の建設よりも、帰郷の理想が物質性から解放され、内面化されることを示している。そこにはユダヤ人の流浪の運命の内にナショナリズムからの自由を見出したツヴァイクの思想が表出している。彼は燭台救済の物語によって苦難の内にある同胞に希望を与えたが、彼自身の内でその希望は既に葬られて(begraben)いたのであった。
URI: http://hdl.handle.net/2261/59538
ISSN: 09120042
出現カテゴリ:019 文学
1143810 学術雑誌論文

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Si_gengo_81_193-212.pdf560.44 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください