UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/606

タイトル: キャンデルにおける教育の自由と統制 : 内外事項区分論の析出過程と理論構造
その他のタイトル: Educational Freedom and Control in I. L. Kandel : Devising Process and Theoretical Structure of Division Theory
著者(別言語): Sato, Shuji
発行日: 1991年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 30巻, 1991.3, p.241-255
抄録: The theory of division between interna and externa of education was stated by W.F.Russell in July, 1929. After that Kandel began to insist the division theory. But there was a serious difference between Russell's and Kandel's theories. Russell's was based on local initiative in interna, namely spiritual formation. Kandel's was based not only on local initiative in national culture, but also on professionality of teachers. From 1910 Kandel's main concern had been conversion of teaching into profession. Basic principles of Kandel's division theory was drawn from the statement of Lord Percy, the president of the Board of Education in 1927 and the official proposals about Prussian education after World War I.
URI: http://hdl.handle.net/2261/606
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126007.pdf1.88 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください