UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/609

タイトル: 教育令(改正)下の学務委員選任に関する一考察 : 1881,2年の東京府の事例から
その他のタイトル: The Study on the Appointment of "Gakumu-iin" under the Revised Education Order : Case Study on Tokyo, between 1881-82
著者: 谷, 雅泰
著者(別言語): Tani, Masayasu
発行日: 1991年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 30巻, 1991.3, p.289-299
抄録: In 1880, Japanese Government revised the Education Order. It has been said that the Revised Education Order centralized education. The reform about the education committeemen ("gakumu-iin") was one of the most important point of this centralization. Until then, people elected the committeemen, but afterward people selected candidates 2 or 3 times as many as the fixed number of the committeemen, and the governor of each prefecture appointed ommitteemen from them. But they appointed them according to the number of votes. If so, we can say that they laid stress on people's will in this period too. In this paper, I prove this with Tokyo Prefecture as an example.
URI: http://hdl.handle.net/2261/609
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126010.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください