UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
KLA Journal >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/61038

タイトル: Creativity in English Writing Instruction : Tracing the Discursive History of the Key Word
著者: Kita, Kazutake
発行日: 2014年4月20日
出版者: 駒場言葉研究会
掲載誌情報: KLA Journal. Volume 1, 2014.4, pp. 17-28
抄録: Since the 1970s the field of English writing instruction has given a broad welcome to the term creative/creativity, which has been used without any strict definition and has taken on the features of a cant word. Presented in this paper is an attempt to provide a comprehensive description and explanation of various uses of the term found in this specific context. A historical review of ELT Journal, TESOL Quarterly and The English Teachers’ Magazine reveals that the introduction of the term creative/creativity into pedagogical discourse had a close connection with the development of post-behaviouristic linguistics and humanistic education from the 1970s on. Three types of creativity are identified: generative linguistic creativity, influenced by the work of Chomsky; humanistic creativity, originating in humanistic psychology; and hybrid creativity, a mixture of the two. Since the 1990s there have been some critical views; the future of the term is to be carefully observed.
英作文指導を巡る議論においては「創造性」という概念がしばしば持ち出されてきたものの、従来その定義が明確な形で提示されたことはない。この用語の歴史的変遷とそれにかかわる理念的要因を明らかにすることが本論の目的である。イギリス・アメリカ・日本の各国における代表的な英語教育関連雑誌をその創刊号から通読すると、「創造的」「創造性」という用語が英語教育の言説に導入されてきた背景には、1970 年代以降の脱行動主義的言語学と人間主義的教育の発展があったことがわかる。こと英作文指導の分野に限って言えば、そこに見られる創造性の概念は三つに分類することができる。第一にチョムスキーの研究に影響を受けた生成言語学型創造性、第二に人間性心理学に端を発する人間主義型創造性、そして第三にその二つの概念が混合した混成型創造性である。1990 年代以降はこれらの概念に対する批判的な議論も登場しており、今後も動向を注視していく必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/2261/61038
ISSN: 2188-5877
出現カテゴリ:KLA Journal
KLA Journal

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLA_01_02.pdf245.98 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください