UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
KLA Journal >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/61042

タイトル: BELF in the Context of Globalization in Japan : A Challenge from Expanding Circle
著者: Sato, Yoichi
発行日: 2015年7月2日
出版者: 駒場言葉研究会
掲載誌情報: KLA Journal. Volume 2, 2015.7, pp. 15-25
抄録: This article attempts to explain and discuss how post-modification items are taught in three different methods: Graded Direct Method, Oral Method, and Oral Approach. Specifically, it focuses on three forms of post-modification that are supposed to be taught in Japanese junior high school: participial phrases (e.g. “the boy playing the guitar,” “the house built in 1985”); contact clauses (e.g. “the book I bought yesterday”); and relative clauses (e.g. “the man who saved the albatrosses”). Special focus is given to the order of introduction of the post-modification forms in these approaches.
文部科学省検定中学校英語教科書には、指導すべき5 つの後置修飾の形が登場する。本稿ではそのうち3 つ、すなわち、分詞句(例:the boy playing the guitar, the house built in1985)、接触節(例:the book I bought yesterday)、関係節(例:the man who saved thealbatrosses)による後置修飾が、代表的な3 つの教授法(Graded Direct Method, Oral Method,Oral Approach)でどのように指導されることが想定されているか議論し考察する。特に、各指導法における後置修飾の指導順序に焦点をあてる。
URI: http://hdl.handle.net/2261/61042
ISSN: 2188-5877
出現カテゴリ:KLA Journal
KLA Journal

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLA_02_02.pdf246.44 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください