UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/620

タイトル: インクブロットテストの Form Definiteness 評定の尺度化
その他のタイトル: Scaling Technique on Form Definiteness of the Inkblot Test
著者: 松井, 仁
著者(別言語): Matsui, Hitoshi
発行日: 1992年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 31巻, 1992.3, p.173-182
抄録: In this research, a new scaling procedure was applied in order to measure personality traits (θ) on Form Definiteness of the Inkblot test. This procedure was based on the item response theory and the graded response model was applied. The criterion in terms of Form Definiteness in this research was reffered to the Holtzman Inkblot Technique. The scores of Form Definiteness were originally scored on a 3-point scale. 43 homogenious items were selected by the principal factor method and the item parameters were calculated by the heuristic method. And the estimates of θ were calculated by the maximum likelihood method. Then the checking model assumption and expected model features was discussed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/620
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126120.pdf663.17 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください