UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/624

タイトル: エッセンシャリズムにおける「教育の自由」の位置と構造 : 1930 年代の進歩主義教育批判との関連
その他のタイトル: The Position and Structure of 'Educational Freedom' in Essentialism : The Relation with the Critique to Progressive Education in 1930'
著者: 佐藤, 修司
著者(別言語): Sato, Shuji
発行日: 1992年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 31巻, 1992.3, p.227-242
抄録: Essentialism is regarded as the school attaching importance to 'social efficiency' and minimizing teachers' freedom, that is transfering the power to make curriculum to public officers and experts about education. Essentialists accepted the importance of professionalism of teachers, but teachers' freedom was thought to be restricted by 1 : the primary function of education, transmission of social heritage, 2 : immaturity of pupils, 3 : the political and religious tenet of the community and the parents, 4 : democraticcontrol by the public. Kandel held the view about education and school in common, but his vision of teachers' educational freedom and control by the public was different from other essentialists.
URI: http://hdl.handle.net/2261/624
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126124.pdf1.9 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください