UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/629

タイトル: 「認知的徒弟制」論の現代的意義 : 認識にからだをとりもどすための一視角として
その他のタイトル: Contemporary Significance of the Theory of "Cognitive Apprenticeship" : As a Viewpoint for Regaining a Body in the Process of Cognition
著者: 重久, 浩至
著者(別言語): Shigehisa, Koji
発行日: 1993年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 32巻, 1993.3, p.23-31
抄録: As one of problems on today's school education, we can point out the condition of alienation on learing, concretely that of a discrepancy between understanding with learning in school and understsnding with everyday experiences. It can be thougth that "knowledge" isn't recongnized as a realistic one for children on the ground of its decontextualization. In this paper, I make a general view of "Cognitive apprenticeship" that assumes domain specificity of knowledge and make clear its theoretical background. Then I examine its contemporary significance from the viewpoint of epistemology. This argument will re-examine a sense of knowledge and a sense of learning which dominate today's school education and present fruitful suggestions on educational practices.
URI: http://hdl.handle.net/2261/629
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126086.pdf1 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください