UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/633

タイトル: 物象化理性と道徳性問題 : コールバーグ道徳性発達論をこえて
その他のタイトル: Reificational-Reason and Morality : Toward Post-Kohlberg's Moral-Developmental Theory
著者: 紅林, 伸幸
著者(別言語): Kurebayashi, Nobuyuki
発行日: 1993年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 32巻, 1993.3, p.147-155
抄録: Kohlberg's Moral-developmental theory is one of the most outstanding studies of Morality at present. But it is far from being the general theory of Morality. Because it is lacking in the perspective of the theory of Society. The purpose of this paper is an investigation of the possibility that the theory of Morality regenerates as the theory of Society, it focusing on the Reification-problem which most of sociologists regard as one of the most important social-philosophical themes in the modern society. In this paper we consider M. Horkheimer & T. W. Adorno's theory, J. Habermas's, W. Hiromatsu's, and N. Luhmann's as some examples of theories about the Post-Reificational Society. Those theories require deconstruction on Kohlberg's theory.
URI: http://hdl.handle.net/2261/633
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126090.pdf989.08 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください