UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/657

タイトル: 思春期の子どもの変化に伴う家族の変化
その他のタイトル: Family Transitions with Puberty Change
著者: 北島, 歩美
著者(別言語): Kitajima, Ayumi
発行日: 1994年1月31日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 33巻, 1994.1, p.125-133
抄録: A family changes according to each phase of its life cycle. Puberty change seems to have an especially great influence on a family, which leads to the transition of the family itself. This study attempts to seize the family transition with puberty change from a positive standpoint, by interviewing mothers who represent their families. As a result, four points are to be indicated : 1) a lowering of cohesion; 2) changes in authority structure and the relaxation of control; 3) participation of father in the family; and 4) reorganization of couple relationship. Moreover, it is suggested that although the family becomes temporarily unstable and falls into a critical situation during the above transition, it enters upon another stable phase thereafter. Companionship based on mutual independence characterizes the latter phase.
URI: http://hdl.handle.net/2261/657
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126065.pdf867.47 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください