UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/669

タイトル: 「自己実現」の教育論・学習論的意義の検討 : 時間論的視点からの一考察
その他のタイトル: An Examination on the Significance of "Self-actualization" in Educational and Learning Theories : A Consideration from a Time-theoretical Point of View
著者: 佐々木, 英和
著者(別言語): Sasaki, Hidekazu
発行日: 1994年1月31日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 33巻, 1994.1, p.247-256
抄録: "Self-actualization" is a concept which is being regarded as important in the fields of education and welfare. In this paper, "self-actualization" is defined from a time-theoretical point of view, and the significance of it is examined. As an immanent principle of education, "future-oriented nature" must be pointed out. This "future-oriented nature" has, in the levels of principle and practice, caused lots of problems which are mutually related. In this situation, however, "self-actualization" having internally "present-oriented nature" can accomplish the radical conversion of ideas in education and learning activities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/669
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126077.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください