UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/683

タイトル: 自尊心概念及び自尊心尺度の再検討
その他のタイトル: Reexamination of the concept and measurement of self-esteem
著者: 伊藤, 忠弘
著者(別言語): Ito, Tadahiro
発行日: 1995年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 34巻, 1995.2, p.207-215
抄録: The purpose of this article is to review the studies on self-esteem during last 10 years in Japan and to examine the usefulness of the concept of self-esteem and the validity of the self-esteem scales. It is shown that high self-esteem individuals are different from low self-esteem individuals in various social cognitions and behaviors in Japan as well as USA, but that the Rosenberg's self-esteem scale is not good enough fot understanding "self-esteem" of Japanese people.
URI: http://hdl.handle.net/2261/683
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126034.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください