UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
28 計数工学専攻 >
1132810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6860

タイトル: 人工現実感システムにおける物体形状を提示する力触覚ディスプレイ
その他のタイトル: A Force and Shape Display for Virtual Reality System
著者: 平田, 亮吉
星野, 洋
前田, 太郎
舘, 暲
著者(別言語): Hirata, Ryokichi
Hoshino, Hiroshi
Maeda, Taro
Tachi, Susumu
キーワード: tele-existance
virtual reality
force and shape display
active environment display (AED)
shape approximation device (SAD)
impedance control
発行日: 1996年9月
出版者: 日本バーチャルリアリティ学会
掲載誌情報: 日本バーチャルリアリティ学会論文集. vol. 1, no. 1, 1996.9, pp. 23-32
抄録: We propose a force and shape display by making use of Active Environment Display(AED) that controls 3 positions and 3 postures (6 degrees of freedom). Shape Aprroximation Device(SAD) is installed on AED which has pantographic mechanism. Its positions and orientations are controlled by AED. The shape of the virtual object is generated by SAD which has many surfaces and edges, and virtual inertia, viscocity and stiffness are generated by controlling the mechanical impedance control of AED. Motion of the virtual object is generated by taking into consideration friction between the virtual object and the surface of the desk. Motions of virtual springs, pendulums, balls and valves are also generated.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6860
出現カテゴリ:1132810 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_1996_040e.pdf864.48 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください