UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
28 計数工学専攻 >
1132810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6867

タイトル: テーパー膜上の弾性波動を用いた皮膚感覚ディスプレイ
その他のタイトル: A Tactile Display Using Elastic Waves in a Tapered Membrane
著者: 奈良, 高明
柳田, 康幸
前田, 太郎
舘, 暲
著者(別言語): Nara, Takaaki
Yanagida, Yasuyuki
Maeda, Taro
Tachi, Susumu
キーワード: Tactile display
Elastic waves
Tapered membrane
Ultrasonic vibration
発行日: 1999年6月
出版者: 日本バーチャルリアリティ学会
掲載誌情報: 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. vol. 4, no. 2, 1999.6, pp. 467-473
抄録: In this paper, a tactile display using elastic waves in a 'tapered membrane'(a membrane whose width decreases gradually) is proposed. When an elastic wave is input to the tapered membrane, there exists a boundary between a vibrating area and a non-vibrating area. The boundary is called 'turning point', and the position of the turning point is controlled by the frequency of the wave. It was reported that a surface of a vibrating object with uitrasonic frequency feels smooth by squeeze effect. Thus, in the tapered membrane, the boundary between smooth and frictional areas can be moved by the frequency of the wave. In an experimental device employing a brass plate vibrated by a Langevin ultrasonic vibrator, these basic phenomena are confirmed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6867
出現カテゴリ:1132810 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_1999_048b.pdf486.36 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください