UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
28 計数工学専攻 >
1132810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6868

タイトル: 固定スクリーン型視覚提示装置を用いたテレイグジスタンス視覚系の構築手法
その他のタイトル: Design of Fixed-screen-based Telexistence Visual System
著者: 柳田, 康幸
前田, 太郎
舘, 暲
著者(別言語): Yanagida, Yasuyuki
Maeda, Taro
Tachi, Susumu
キーワード: telexistence
fixed screen
head-tracked display
immersive projection technology
perspective transform
projection
発行日: 1999年9月
出版者: 日本バーチャルリアリティ学会
掲載誌情報: 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. vol. 4, no. 3, 1999.9, pp. 539-547
抄録: Visual display systems based on Immersive Projection Technology, such as CAVE and CABIN, are considered to be effective platforms for VR applications. However, these kinds of visual displays, as well as conventional CRT displays and other kinds of Head-Tracked Displays, have not been utilized for exact telexistence in real environment, which requires appropriate stereoscopic image sequences reflecting the operator's head motion. In this paper, a method to provide the operator with natural three-dimensional sensation of presence using a fixed screen is presented, focusing on the consistency of the perspective transform performed at remote site and the operator's site.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6868
出現カテゴリ:1132810 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_1999_049b.pdf671.71 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください