UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
28 計数工学専攻 >
1132810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6869

タイトル: 歩行における視覚と運動感覚の整合性に関する研究
その他のタイトル: The relation between walking velocities perceived through sight and through leg movement
著者: 高幣, 俊之
野村, 宜邦
前田, 太郎
舘, 暲
著者(別言語): TAKAHEI, Toshiyuki
NOMURA, Yoshikuni
MAEDA, Taro
TACHI, Susumu
キーワード: locomoton
the sense of sight
the walking sensation
sensor fusion
発行日: 2000年6月
出版者: 日本バーチャルリアリティ学会
掲載誌情報: 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. vol. 5, no. 2, 2000.6, pp. 831-835
抄録: Walking velocity is perceived by various senses. We investigated the accuracy of velocities perceived by the sense of sight and leg movement. In the first experiment the subjects adjust their walking velocity to the velocity displayed in the HMD. On the other hand, in the second experiment the subjects adjust the velocity displayed in the HMD to their walking velocity. The findings of both experiments indicate that the velocity perceived by the sense of sight is higher than actual walking velocity
URI: http://hdl.handle.net/2261/6869
出現カテゴリ:1132810 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_2000_050b.pdf315.14 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください