UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
28 計数工学専攻 >
1132810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6871

タイトル: 腱反射を利用した新たな運動提示装置の提案
その他のタイトル: Study on Periosteal-Reflex-Induced Motion Device
著者: 財津, 義貴
稲見, 昌彦
前田, 太郎
舘, 暲
著者(別言語): Zaitsu, Yoshitaka
Inami, Masahiko
Maeda, Taro
Tachi, Susumu
キーワード: Parasitic humanoid
Wearable
Periosteal reflex
Motion device
発行日: 2001年
出版者: 日本バーチャルリアリティ学会
掲載誌情報: 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. vol. 6, no. 2, 2001, pp. 99-105
抄録: It is necessary for the motion devices of "parasitic humanoid" to present motion timing and which joint and direction to move exactly. To satisfy these conditions, it is necessary that the presented stimulus connects directly with the corresponding motion. In this paper, we propose "periosteal-reflex-induced motion device" as a new motion device for parasitic humanoid. Utilizing periosteal-reflex, this device presents "which joint and direction to move more directly than any other previous motion devices. We also report an experimental result, which implies availability of our new device.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6871
出現カテゴリ:1132810 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_2001_053c.pdf582.36 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください