UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
28 計数工学専攻 >
1132810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6873

タイトル: サッケードを利用した新しい情報提示手法の提案
その他のタイトル: The Study of Saccade-based Display
著者: 渡邊, 淳司
前田, 太郎
舘, 暲
著者(別言語): Watanabe, Junji
Maeda, Taro
Tachi, Susumu
キーワード: Wearable
Ubiquitous
Saccade
Eye movement
Display
Interface
発行日: 2001年
出版者: 日本バーチャルリアリティ学会
掲載誌情報: 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. vol. 6, no. 2, 2001, pp. 79-87
抄録: We propose a new method to display information based on the saccadic eye movement. Using this method, we can make small-size devices. The device based on this method can be a very simple one composed of two blinking light points and around a vertical blinking light array. This method uses the saccadic eye movement for displaying information, so its viewer can be limited to people who are actively looking for it. Considering these features, this method is suitable for wearable and ubiquitous computing.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6873
出現カテゴリ:1132810 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_2001_052c.pdf770.04 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください