UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
28 計数工学専攻 >
1132810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6877

タイトル: オブジェクト指向型ディスプレイの研究
その他のタイトル: Study and Implementation of the Object Oriented Display
著者: 川上, 直樹
稲見, 昌彦
柳田, 康幸
前田, 太郎
舘, 暲
著者(別言語): Kawakami, Naoki
Inami, Masahiko
Yanagida, Yasuyuki
Maeda, Taro
Tachi, Susumu
発行日: 1999年6月
出版者: 情報処理学会
掲載誌情報: 情報処理学会論文誌. vol. 40, no. 6, 1999.6, pp.2725-2733
抄録: In this paper we propose the concept of "Object Oriented Display", which enables an operator to perceive and to operate the virtual object as if it were a real object. The purpose of the object oriented display is the presentation of virtual object. Using object oriented display, the operator can recognize and handle the virtual object with higher reality. Based on this concept, we designed and implemented a type of object oriented display. The MEDIA-X'tal (MEDIA crystal) is a type of object oriented display using the technology named "X'tal Vision", which uses optical projection. MEDIA X'tal solves several problems such as occulusion, shape or weight problem which occurred when using ordinary display devices.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6877
ISSN: 03875806
出現カテゴリ:1132810 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_1999_047a.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください