UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/688

タイトル: 拒食・過食傾向と自己像, 身体像, 性役割に関する展望 : 関係性の視点から
その他のタイトル: Review of Studies on the Relationships between Anorexia Nervosa, Bulimia Nervosa Tendency, Self Image, Body Image, and Sex-role
著者: 鈴木, 真理江
著者(別言語): Suzuki, Marie
発行日: 1995年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 34巻, 1995.2, p.265-270
抄録: In this study, the researches on relationships between anorexia nervosa, bulimia nervosa, self image, body image, and sex role were reviewed. The etiology of eating disorder has been said to be multidimensional. We need to consider the relationships between these factors which constitute the multidimensional model.
URI: http://hdl.handle.net/2261/688
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126039.pdf654.45 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください