UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
124 情報理工学系研究科 >
30 システム情報学専攻 >
1243010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6886

タイトル: Beings : Haptic artwork with SmartTool
著者: 渡邊, 淳司
板垣, 貴裕
野嶋, 琢也
稲見, 昌彦
舘, 暲
著者(別言語): Watanabe, Junji
Itagaki, Takahiro
Nojima, Takuya
Inami, Masahiko
Tachi, Susumu
キーワード: 力覚提示
モダリティ間の融合
インタフェイス
発行日: 2003年12月
出版者: 芸術科学会
掲載誌情報: 芸術科学会論文誌. vol. 2, no. 4, 2003.12, pp. 116-122
抄録: What wecan see is what we can touch. Though we unconsciously approach visible things, is it natural action? Which is the essential feature of existance, what we can touch or see? In our art work visible and invisible lilliputs are mudding. We can see the visible lilliputs, but can not touch them. we can not see the invisible lilliputs but can touch them. They are living in the area where modalities of human senses are partly separated. Theme of this art work is "existence" of each modalities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6886
ISSN: 13472267
出現カテゴリ:1243010 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
artsci-v2n4pp116.pdf168.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください