UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
124 情報理工学系研究科 >
30 システム情報学専攻 >
1243010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6907

タイトル: 触知覚における運動残効現象の研究
その他のタイトル: Study on Motion After Effect in Tactile Sensation
著者: 林, 政一郎
渡邊, 淳司
梶本, 裕之
舘, 暲
著者(別言語): Hayashi, Seiichiro
Watanabe, Junji
Kajimoto, Hiroyuki
Tachi, Susumu
キーワード: cutaneous sensation
motion after effect (MAE)
motion perception
tactile display
tactile illusion
発行日: 2006年3月
出版者: 日本バーチャルリアリティ学会
掲載誌情報: 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. vol. 11, no. 1, 2006.3, pp. 69-75
抄録: In vision, after prolonged seeing of motion in one direction, illusory motion in the opposite direction is observed in physical static visual patterns (known as “waterfall illusion”). This phenomenon is referred to as Motion After Effect (MAE). MAE has been useful to study, without brain imaging, information processing in visual perception. Although some tactual illusions have been observed, obvious tactual MAE has not been reported. We, however, found clear and robust MAE in tactile sensation by using physical motion stimuli for test probe. We suppose that this research will make a contribution to investigate mechanism of tactual motion perception.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6907
出現カテゴリ:1243010 学術雑誌論文
015 技術・工学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tachi_2006_66d.pdf1.86 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください