UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/692

タイトル: 教職生活における中年期の危機 : ライフヒストリー法を中心に
その他のタイトル: Teachers' Mid-Career Crisis : A Life-History Approach
著者: 高井良, 健一
著者(別言語): Takaira, Kenichi
発行日: 1995年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 34巻, 1995.2, p.323-331
抄録: This report focuses upon inquiring what kind of difficulties mid-career teacher faces with and how he overcomes the difficulties. Doing life-cycle research, many have explored the mid-career crisis. Through examining various former research on this issue and describing a teacher's life-history, this paper comes to a conclusion that teachers' mid-career crisis is characterized as the following three features. First, mid-career teachers encounter the stabilization of teaching. Second, they struggle to change their own image of teaching and learning. Third, associates and consociates of mid-career teachers play an important role to facilitate them to enter into the next career-stage.
URI: http://hdl.handle.net/2261/692
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126043.pdf922.22 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください