UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
36 英語英米文学 >
Linguistic research : working papers in English linguistics >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/6948

タイトル: The ModP Analysis and Japanese No
著者: Nakajima, Motoki
著者(別言語): 中島, 基樹
キーワード: modification
ModP analysis
modifying marker
Japanese no
Chinese de
children's errors
cros
発行日: 2001年12月
出版者: Tokyo University English Linguistics Association
掲載誌情報: Linguistic research : working papers in English linguistics. No.18, 2001.12, pp. 137-155
抄録: In this paper, a revised version of the ModP analysis (Rubin 1994, 1996) is proposed. Under my analysis, the complex distribution of Japanese no is explained. The data from children's developmental stages also provide support for the analysis. Furthermore, crosslinguistic variation on the employment of the overt Mod element can be reduced to the feature value of the Mod element.
URI: http://hdl.handle.net/2261/6948
出現カテゴリ:Linguistic research : working papers in English linguistics
Linguistic research : working papers in English linguistics

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lr018006.pdf1.14 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください