UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
12 美学藝術学 >
JTLA : Journal of the Faculty of Letters, the University of Tokyo, Aesthetics >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/7168

タイトル: Der ontologische und weltkategorische Sinn des Kunst-Seins in der Weltgeschichte als Weltspiel : künstlerische Weltexemplifikation im Topos des Zusammengehörens
著者: Fujita, Kazuyoshi
著者(別言語): 藤田, 一美
発行日: 1994年3月26日
出版者: Faculty of Letters, the University of Tokyo
掲載誌情報: JTLA : Journal of the Faculty of Letters, the University of Tokyo, Aesthetics. 18, 1994.3.26, pp. 77-113
URI: http://hdl.handle.net/2261/7168
ISSN: 03862593
出現カテゴリ:JTLA : Journal of the Faculty of Letters, the University of Tokyo, Aesthetics
JTLA : Journal of the Faculty of Letters, the University of Tokyo, Aesthetics

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jt018009.pdf196.3 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください