UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
22 電気系工学専攻 >
1132225 修士論文(電気系工学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/72169

タイトル: 磁界共振結合を用いたワイヤレス電力伝送の負荷側制御に関する研究 : キャパシタ電気自動車の走行中充電への適用
その他のタイトル: Research on Load Side Control in Wireless Power Transfer System via Magnetic Resonance Coupling with the Aim to Charge Capacitor Electric Vehicle on the Move
著者: 森脇, 悠介
著者(別言語): Moriwaki, Yusuke
発行日: 2012年3月22日
抄録: 電磁界共振結合を用いたワイヤレス電力伝送による電気自動車の走行中充電の実現を目指して研究を行った。本論文では負荷側に搭載されるDC/DCコンバータの制御技術に焦点をあて, キャパシタ充電法および走行時の高効率電力伝送を提案し研究を行った。実験車両であるWiC-COMS(Wireless Capacitor-COMS)を制作し, 実験にて提案手法の有効性を示した。
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2012-03-22 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(工学) ; 学位記番号: ; 研究科・専攻: 工学系研究科電気系工学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/72169
出現カテゴリ:025 修士論文
1132225 修士論文(電気系工学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
37106503.pdf3.69 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください