UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
KLA Journal >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/72540

タイトル: 語気助詞「啊(a)」による共有知識の提示 : 疑問文末用法を中心に
著者: 王, 瓊
著者(別言語): Wang, Qiong
発行日: 2017年5月1日
出版者: 駒場言葉研究会
掲載誌情報: KLA Journal. Volume 4, 2017.5, pp. 10-19
抄録: This paper discusses some issues related to the most widely used utterance particle " 啊(a)" in Modern Chinese, focusing on its sentence-final uses in interrogative sentences. Drawing on the following four behavioral traits of this particle: 1. It frequently appears in wh-questions; 2. It has a preference for rhetorical questions; 3. It often serves the same function as Japanese “noda”; 4. It is rarely used in quiz shows, I argue that the use of this particle in interrogative sentences indicates that some information shared by the interlocutors is in focus.
現代中国語の「啊(a)」は語気助詞の中で最も広く使われ、疑問文末にも用いられるが、従来の解釈では、以下のような言語事実を説明できない。①語気助詞「啊(a)」は特定疑問文とよく共起する。②「啊(a)」が反語文との相性がよい。③日本語の「ノダ」文と対応する。④クイズ番組における「啊(a)」の出現率が非常に低い。本稿では、このような言語事実には、話し手と聞き手の間の「共有知識」が存在することと、話し手がその「共有知識」を提示することが関係していると主張する。
URI: http://hdl.handle.net/2261/72540
ISSN: 2188-5877
出現カテゴリ:KLA Journal
KLA Journal

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLA_04_02.pdf1.42 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください