UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
KLA Journal >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/72541

タイトル: 日本で英語を学ぶ、使えるようになることの意義・目的 : 論争分析から見えてきた問題点と問題解決の可能性
著者: 深田, 芳史
著者(別言語): Fukada, Yoshifumi
発行日: 2017年5月1日
出版者: 駒場言葉研究会
掲載誌情報: KLA Journal. Volume 4, 2017.5, pp. 20-37
抄録: English has been spoken or used as a foreign language in Japan for some time now so it is unsurprising that there is a long history of controversies surrounding English. The issues in question are varied (e.g. “When should we start learning English?” and “How should English be taught?”). Like many other kinds of controversies, such issues have been divided loosely into two separate camps based on people’s beliefs, values, or ideologies. Additionally, there are some variations in the opinions or ideological standpoints within each of the groups. In this review paper, I analyze various meanings and purposes of learning English and becoming able to use English in Japan as narrated by the two sides of the ideological groups. I explore how various English controversies occurred in different time periods in the Japanese society, and discuss some of the specific issues arising from the analysis of the controversies.
日本において英語は、外国語として長く話され、また、使用されている。その為か、英語に関わる諸問題(例:いつ(何歳)から私たちは英語を学ぶべきか、どのように英語は教えられるべきか)について繰り広げられてきた論争の歴史も長い。他の多くの論争同様、英語を取り巻く論争は、信念、価値観、イデオロギーに基づき大きく二つの立場に分かれ行なわれている。加えて、各グループも完全に一枚岩ではなく、意見、イデオロギー的立場にはいくつか違いが確認できる。本レビュー論文で私は、日本社会で異なる時期に二つのイデオロギー的立場から成る二グループ間で語られてきた、日本で英語を学ぶ、また、英語を使えるようになることの様々な意義・目的を分析する。日本社会において、異なる時代にこうした英語論争がどのように繰り広げられたのかを探り、そして、その論争分析から見えてくるいくつかの問題点について議論していく。
URI: http://hdl.handle.net/2261/72541
ISSN: 2188-5877
出現カテゴリ:KLA Journal
KLA Journal

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLA_04_03.pdf306.19 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください