UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
20 生圏システム学専攻 >
1162010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/7273

タイトル: イタリアの地方分権下における国と州政府と県と基礎自治体の風景保全プランニング体系に関する研究 : カンパーニア州政府の広域方針、ナポリ県の風景計画、ポッツォーリ市のマスタープランの整合性
その他のタイトル: A study on the Landscape Planning System between the State, Regions, Provinces, and Cities in Italy : The Case of the Planning coherence between the Campania Region, the Province of Naples, and the City of Pozzuoli
著者: 宮脇, 勝
武内, 和彦
鹿野, 陽子
著者(別言語): Miyawaki, Masaru
Takeuchi, Kazuhiko
Kano, Yoko
キーワード: Italy
the Campania Region
the Province of Naples
Pozzuoli
Territorial Plan
Landscape Plan
イタリア
カンパーニア
ナポリ
ポッツォーリ
広域計画
風景計画
発行日: 2004年10月
出版者: 日本都市計画学会
掲載誌情報: 都市計画論文集, 39(3), 2004, 169-174
抄録: This paper deals with the planning system between the State, Regions, Provinces, and the Cities under the decentralization Law no. 142 (1990) in Italy. The Campania Region has oriented their Territorial Plan of 2003 not only with Provincial Territorial Plans designed under the Law of 1990, but with Landscape Plans designed by the State under the Galasso Law (1985). The City of Pozzuoli is located in the important area for the Landscape Planning and promoted a strategic plan with neighbor Cities. The master plan of Pozzuoli was approved by the Province of Naples in 2002, and is evalueted as a model case of well-coordinated and originally detailed zoning and regulations. This paper introduces the effect of the coherence between several planning levels for the Landscape preservation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/7273
ISSN: 09131280
出現カテゴリ:1162010 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
toshik_39_3.pdf2.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください