UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
117 経済学研究科・経済学部 >
經濟學論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/72832

タイトル: 「積極的現場指向企業」の存在条件 : 生産性向上と有効需要創出に関する内生モデルの検討
その他のタイトル: Existence Conditions of "Active Genba-oriented (Site-oriented) Firms" : An Endogenous Model regarding Productivity Improvement and Demand Creation
著者: 藤田, 康範
藤本, 隆宏
著者(別言語): FUJITA, Yasunori
FUJIMOTO, Takahiro
キーワード: 積極的現場指向企業
マークアップ率と雇用数の同時追求
生産性向上
有効需要創出
内生モデル
Active Genba-Oriented Firms
Simultaneous Pursuit of Mark-Up Ratios and Employment Numbers
Productivity Increase
Effective Demand Creation
Endogenous Model
発行日: 2017年3月1日
出版者: 東京大学大学院経済学研究科
掲載誌情報: 經濟學論集. 81(4), 2017.3, pp. 2-20
内容記述: 論文/Article
URI: http://hdl.handle.net/2261/72832
ISSN: 0022-9768
出現カテゴリ:經濟學論集
經濟學論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
econ0810402.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください