UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
110 法学政治学研究科・法学部 >
10 総合法政専攻 >
1101010 学術雑誌論文 >

ブラウズ "1101010 学術雑誌論文": タイトル

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 1 - 12 / 12
発行日タイトル著者
2015年3月31日A Critical Note on “Hypercritical” Studies of Transitional JusticeOhgushi, Kazuo
2004年3月31日Corporate governance reforms and labor and employment relationsin Japan : whither Japan’s practice-dependent stakeholder model?Araki, Takashi; 荒木, 尚志
2015年Does the divided diet make a difference?Kawato, Sadafumi; Masuyama, Mikitaka
2014年12月The punishment of human rights violators and “victim-centered” transitional justice : Lessons from Latin AmericaOhgushi, Kazuo
2013年3月31日The relationship between state law,collective agreement and individ ual contract : Japan’s decentralized industrial relations with internal market oriented flexicurityAraki, Takashi; 荒木, 尚志
2011年3月31日The widening gap between standard and non-standard employees and the role of labor law in JapanAraki, Takashi; 荒木, 尚志
2002年7月ペルー : 真実と正義と忘却の間で大串, 和雄; Ogushi, Kazuo
1994年12月ラテンアメリカの左翼思想変容の第2段階 : チリ,ブラジル,ペルーを中心にして大串, 和雄; Ogushi, Kazuo
1991年4月ラテンアメリカの新しい社会運動 : 研究の概観と評価大串, 和雄; Ogushi, Kazuo
1993年8月ラテンアメリカ左翼思想の新展開 : チリ,ブラジル,ペルーでのインタビューから大串, 和雄; Ogushi, Kazuo
1999年2月罰するべきか許すべきか : 過去の人権侵害に向き合うラテンアメリカ諸国のジレンマ大串, 和雄; Ohgushi, Kazuo
2010年3月31日民主化・内戦後の司法に課せられるもの : フジモリ裁判と世界の潮流大串, 和雄; Ohgushi, Kazuo
検索結果表示: 1 - 12 / 12

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください