UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/9302

タイトル: 平成19年(2007年)能登半島地震合同余震観測
その他のタイトル: Aftershock Observation for the 2007 Noto Hanto Earthquake
著者: 酒井, 慎一
加藤, 愛太郎
蔵下, 英司
飯高, 隆
五十嵐, 俊博
平田, 直
岩崎, 貴哉
金沢, 敏彦
渡辺, 茂
羽田, 敏夫
小林, 勝
三浦, 勝美
三浦, 禮子
田上, 貴代子
荻野, 泉
坂, 守
渡邉, 篤志
宮川, 幸治
勝俣, 啓
高橋, 浩晃
笠原, 稔
本多, 亮
前田, 宜浩
一柳, 昌義
山口, 照寛
小菅, 正裕
岡田, 知己
中島, 淳一
堀, 修一郎
中山, 貴史
新居, 恭平
長谷川, 昭
河野, 俊夫
鈴木, 秀市
津村, 紀子
小林, 里紗
野崎, 謙治
平松, 良浩
菅谷, 勝則
林亜, 以子
広瀬, 哲也
澤田, 明宏
田中, 敬介
山中, 佳子
中道, 治久
奥田, 隆
飯尾, 能久
西上, 欽也
宮澤, 理稔
和田, 博夫
平野, 憲雄
中尾, 節郎
片尾, 浩
大見, 士朗
伊藤, 潔
澁谷, 拓郎
加納, 靖之
土井, 一生
野田, 俊太
片木, 武
西辻, 陽平
松本, 聡
松島, 健
雑賀, 敦
宮町, 宏樹
今西, 和俊
桑原, 保人
長, 郁夫
干野, 真
武田, 哲也
浅野, 陽一
行竹, 洋平
上野, 友岳
前田, 拓人
松澤, 孝紀
関根, 秀太郎
松原, 誠
小原, 一成
著者(別言語): Sakai, Shinichi
Kato, Aitaro
Kurashimo, Eiji
Iidaka, Takashi
Igarashi, Toshihiro
Hirata, Naoshi
Iwasaki, Takaya
Kanazawa, Toshihiko
Watanabe, Shigeru
Haneda, Toshio
Kobayashi, Masaru
Miura, Katsumi
Miura, Reiko
Tagami, Kiyoko
Ogino, Izumi
Saka, Mamoru
Watanabe, Atshi
Miyakawa, Koji
Katsumata, Kei
Takahashi, Hiroaki
Kasahara, Minoru
Honda, Ryo
Maeda, Takahiro
Ichiyanagi, Masayoshi
Yamaguchi, Teruhiro
Kosuga, Masahiro
Okada, Tomomi
Nakajima, Junichi
Hori, Shuichiro
Nakayama, Takashi
Nii, Kyohei
Hasegawa, Akira
Kono, Toshio
Suzuki, Shuichi
Tsumura, Noriko
Kobayashi, Risa
Nozaki, Kenji
Hiramatsu, Yoshihiro
Sugaya, Katsunori
Hayashi, Aiko
Hirose, Tetsuya
Sawada, Akihiro
Tanaka, Keisuke
Yamanaka, Yoshiko
Nnakamichi, Haruhisa
Okuda, Takashi
Iio, Yoshihisa
Nishigami, Kin'ya
Miyazawa, Masatoshi
Wada, Hiroo
Hirano, Norio
Nakao, Setsuo
Katao, Hiroshi
Ohmi, Shiro
Ito, Kiyoshi
Shibutani, Takuo
Kano, Yasuyuki
Doi, Issei
Noda, Shunta
Katagi, Takeshi
Nishitsuji, Yohei
Matsumoto, Satoshi
Matsushima, Ken
Saiga, Atsushi
Miyamachi, Hiroki
Imanishi, Kazutoshi
Kuwahara, Yasuto
Cho, Ikuo
Hoshino, Makoto
Takeda, Tetsuya
Asano, Yoichi
Yukutake, Yohei
Ueno, Tomotake
Maeda, Takuto
Matsuzawa, Takanori
Sekine, Syutaro
Matsubara, Makoto
Obara, Kazushige
キーワード: 2007 Noto Hanto Earthquake
aftershock observation
hypocenter distribution
発行日: 2007年
出版者: 地震研究所
掲載誌情報: 地震研究所彙報. 第82号第3冊, 2007, pp. 225-233
抄録: The 2007 Noto Hanto Earthquake occurred on March 25, 2007, in the Noto Peninsula, central Japan. A half day after the main shock, we started installing temporary seismic stations in order to determine the precise locations of its aftershocks. Ten universities and two research institutes deployed 89 temporary seismic stations in and around the source area. The observation lasted for about two months. We relocated 1318 aftershocks with arrival time corrections at each station. The relocated hypocenters show relatively small errors, less than 0.2km in the horizontal direction and less than 0.4km depth. Most of the relocated hypocenters are about 2.0km shallower than those determined by JMA. The precise aftershock distribution extends into a shallower area than the original, and it coincides with sea floor ward extension of the active faults previously known by a sonic reflection survey
URI: http://hdl.handle.net/2261/9302
ISSN: 00408992
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IHO82303.pdf1.39 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください